もう少しで、より速く、よりプライベートなインターネット閲覧が可能になります。

DNS:インターネットのディレクトリ

DNS:インターネットのディレクトリ

インターネット上のほぼすべてのことは、DNSリクエストに端を発します。DNSは、インターネットのディレクトリです。リンクをクリックしたり、アプリを開いたり、メールを送信したりしたとき、お使いの機器が最初にすることは、ディレクトリに次のことを問い合わせることです。どこで見つけることができますか?

EEVCXAMPLA.COM:32.35.86.7812.34.56.78E

残念ながら、デフォルトのDNSは通常は遅く、安全ではありません。ご利用のISPや、インターネット上で傍受しようとしているすべての人物が、お客様の訪問サイトや利用アプリを一つ残らず把握できます。コンテンツが暗号化されていても、このことは変わりません。恐ろしいことに、一部のDNSプロバイダーは顧客のインターネット活動に関するデータを販売したり、ターゲティング広告に利用したりします。

何とも薄気味悪い話だと思いませんか。お客様も同じ考えであれば、幸い代替手段が存在します:それが、1.1.1.1です。

プライバシー優先:保証されています。

当社がお客様のデータを販売したり、データをターゲティング広告に使用したりすることはありません。 これは約束です。

shopping cart optimized

当社は、絶対にお客様の IPアドレスの記録を取りません (他社は、こうしてお客様を特定しています)。口先だけではありません。当社は、毎年システムの監査をKPMGに依頼することで有言実行を証明しています。

当社は、お客様のインターネット活動に一切関与するつもりはありません。そこで、技術的な措置を講じてお客様のインターネット活動を見ることができないよう制限しました。

他社よりも高速。

事実、28%高速です。

1.1.1.1は、私たちによりインターネットで最速のDNSディレクトリになりました。利用されたお客様の声をお聞きください。独立DNSモニター機関であるDNSPerfは、1.1.1.1を世界最速のDNSサービスとランク付けしています。

インターネット上のほぼすべてのアクティビティがDNSリクエストから始まりますから、お使いの機器のすべてで最速のDNSディレクトリを選ぶことは、オンラインアクティビティのほぼすべてが高速化されることを意味します。

10.95ms
1.1.1.1
19.85ms
Cisco OpenDNS
33.85ms
Google Public DNS
68.23ms
Average ISP

1.1.1.1 の設定はわずか2分です。技術的なスキルや特別なソフトウェアも必要ありません。コンピュータ初心者でも、デバイスを選択し、セットアップガイドに従うことで簡単に設定することができます。

  1. システム環境設定を開きます。
  2. DNS Servers」を検索し、ドロップダウンリストから選択します。
  3. + ボタンをクリックしてDNSサーバーを追加し、 1.1.1.1を入力します
  4. 再び + をクリックして、 1.0.0.1 を入力してください(冗長性のため)。
  5. 再び + をクリックして、 2606:4700:4700::1111 を入力してください(冗長性のため)。
  6. 再び + をクリックして、2606:4700:4700::1001 を入力してください(冗長性のため)。
  7. Okをクリックしてから、 適用をクリックします。
  8. 準備完了しました!これで、より高速、よりプライベートなDNSサーバーを利用できます✌️✌️
モバイルアプリをダウンロード

以上の手順はUbuntu向けですが、ほとんどのLinuxディストリビューションは、Network Managerを使用してDNSの設定を行います。また、DNS設定は/etc/resolv.confで指定することができます。

  1. 左のメニューバー上のアプリケーションアイコンをクリックします。
  2. Settings(設定)」をクリックして、「Network(ネットワーク)」をクリックします。
  3. 右側のウィンドウで現在利用しているインターネット接続を確認し、ギア アイコンをクリックします。
  4. IPv4」または「IPv6」タブを選択して、 DNS設定を表示します。
  5. DNSエントリの「Automatic(自動)」トグル設定をOffに変更します。
  6. 1.1.1.1 DNSアドレスをDNSエントリーフィールドに入力します。
    • IPv4の場合:1.1.1.11.0.0.1
    • IPv6の場合:2606:4700:4700::1111、2606:4700:4700::1001
  7. 適用」をクリックしてから、ブラウザを再起動します。
  8. 準備完了しました!これで、より高速、よりプライベートなDNSサーバーを利用できます✌️✌️
  1. 「スタート」メニューをクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。
  2. Network and Internet(ネットワークとインターネット)」をクリックします。
  3. Change Adapter Settings(アダプター設定の変更)」をクリックします。
  4. 接続しているWi-Fiネットワークを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。
  5. Internet Protocol Version 4(インターネットプロトコルバージョン4」(または「バージョン6」)を選択します。
  6. プロパティ」を選択します。
  7. 後で参照できるよう、現在のDNSサーバーの設定を書き留めておきます。
  8. Use The Following DNS Server Addresses(次のDNSサーバーアドレスを使う)」をクリックします。
  9. 次のアドレスを1.1.1.1 DNSアドレスに置き換えます。
    • IPv4の場合:1.1.1.11.0.0.1
    • IPv6の場合:2606:4700:4700::11112606:4700:4700::1001
  10. OK」をクリックして「Close(閉じる)」をクリックします。
  11. ブラウザを再起動します。
  12. 準備完了しました!これで、より高速、よりプライベートなDNSサーバーを利用できます✌️✌️
モバイルアプリをダウンロード

構成情報は、ご使用のルーターによって異なることがあります。詳細は、マニュアルをご覧ください。

  1. お好みのワイヤレスネットワークに接続します。
  2. ブラウザでご使用のルーターのIPアドレスを入力します。
  3. プロンプトが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力してください。この情報は、ルーターに記載されていることがあります。
  4. ルーターの構成ページでDNSサーバーの設定を確認します。
  5. 後で参照できるよう、現在のDNSサーバーの設定を書き留めておきます。
  6. 次のアドレスを1.1.1.1 DNSアドレスに置き換えます。
    • IPv4の場合:1.1.1.11.0.0.1
    • IPv6の場合:2606:4700:4700::11112606:4700:4700::1001
  7. 設定を保存し、ブラウザを再起動します。
  8. 準備完了しました!これで、より高速、よりプライベートなDNSサーバーを利用できます✌️✌️

✌️✌️ より高速でプライバシー優先のインターネットをお友達とシェアしてください。

1.1.1.1誕生の背後にあるもの

1.1.1.1はCloudflareとAPNICのパートナーシップによって誕生しました。

Cloudflareは世界最大・最速ネットワークの1つを運営しています。APNICは、アジア太平洋・オセアニア地域におけるIPアドレスの割り当てを管理する非営利団体です。

Cloudflareにはネットワークがありました。APNICにはIPアドレス(1.1.1.1)がありました。どちらにも、インターネットをより良いものにするという使命感を持っていました。こうした経緯についての詳細は、各組織のブログ、Cloudflareブログ / APNICブログをご覧ください。詳細情報はこちら:1.1.1.1とは何ですか?

自社のサービスを1.1.1.1と統合できますか?

お客様がプライバシー優先で高速かつ最新のDNSサービスを備えたブラウザ、オペレーティングシステム、アプリケーション、ルーター、またはVPNのメーカーである場合、統合が可能です。

DNS over HTTPS(DoH)を利用することで、機器のスピードを向上しながら、トランスペアレントにお客様にセキュリティ強化機能を提供することができます。さらに、ライセンスやお客様のプライバシーのどちらの面でも費用はいっさいかかりません。1.1.1.1および当社のDNS over HTTPS(DoH)サポートについては、Developer Docs(開発者向け資料)をご覧ください。

Is Warp replacing the 1.1.1.1 DNS service?

No, Cloudflare deeply believes in the value of free, fast, and private DNS and intends to provide the 1.1.1.1 DNS service for the forseeable future. Warp is an additional feature which augments our mobile apps but will always remain optional.